受験速読英語

  1. HOME
  2. 講座ラインナップ
  3. 受験速読英語

長文読解で得点アップ!

対象 高校1年生~高校3年生・既卒生
内容 高校受験対策、センター対策、国公立2次対策

入試の現状として、英語の長文読解を制するものが受験を制する傾向にあります。
しかし、どうしても単語や文法中心の学習が多くなってしまい、長文読解の演習量が絶対的に足りていないので「長文読解に苦手意識がある」、「読解に時間がかかる」という生徒が多くいます。
そこで今まで学習に英語速読を取り入れる事で、英語力と受験対応力をアップさせます。

受験速読英語の4つの特徴!

特徴1 短い文章でどんどん読み進められる
特徴2 速度計測で確認できる
特徴3 速読メソッドで能力がアップ
特徴4 ネイティブ音声でリスニング力アップ

短い文章でどんどん読み進められる

まずは短く簡単な文章を読んで行くことで自信がつき、単元が進むにつれて長文になった時も苦手意識がなくなります。

速度計測で確認できる

自分の読書速度を把握し、スピードを意識出来るようになります。 毎回のトレーニングの中で力が伸びている事が実感できて、数字にも表れます。

速読メソッドで能力がアップ

速読メソッドでは実力より速い速度でトレーニングを行います。そのため必ずレベルアップした力をつけることが出来ます。眼のトレーニングを行い鍛える事で、処理能力や記憶力・思考力など全体の能力がアップします。

ネイティブ音声でリスニング力アップ

英語の読解には音声化が欠かせません。ネイティブのスピードで理解できれば、読解にもリスニングにも有利です。標準再生機能の他にも、倍速、本文非表示機能も搭載しています。倍速機能で、より聞き取れる力をつけ、本文非表示+音声で、理解を確実なものにします。

英語入試問題の4分の3は長文読解問題

長文読解が受験のキーポイント

英語入試問題の4分の3は長文読解問題

上の図は2014年度のセンター試験と高校入試の出題配分をまとめたものです。
センター入試、高校入試ともに、約4分の3が長文読解です。また、長文読解の問題は、内容理解を問うものがほとんどです。

長文読解で大事なのは”スピード力”。
今のスピードでは読むだけで時間オーバーかもしれません。

センター試験英語問題の過去5年間の単語数は平均で4,187単語。
4,187単語を一般平均の読書速度で読むと、読むだけで試験時間をオーバーしてしまい、問題を解くことができません。
受験に有利な読書速度(120wpm*)まで能力を引き上げると、見直す時間まで確保できるようになります。

*wpmとは1分間に読める単語数の事です。(wods per minute)

長文読解で大事なのはスピード力

「語彙」「長文演習」「速読」の訓練で英語長文読解の得点アップ

あなたに当てはまりませんか?

  • わからない単語が多くて進まない ⇒ 語彙力不足
  • 単語や文法はわかるのに、長文問題は苦手 ⇒ 演習不足
  • 単語や文法はわかるのに、長文問題は苦手 ⇒ 演習不足
  • テストでいつも時間が足りずに全部解けずに終わる ⇒ スピード不足

長文の読解力を上げる為には、「語彙」「演習」「スピード」をバランスよくトレーニングする事が大事です。
どれかひとつが欠けていても満足な結果を得ることはできません。「みんなの受験速読英語」は、「語彙」「演習」「スピード」をバランスよく鍛えるようにプログラムを構成しています。

トレーニングの流れ

語彙力の訓練

英語長文読解の基礎となる語彙力を強化します。
長文演習に出てくる単語を音声付きで学習します。

学習のポイント
1.長文の中の生きた語彙
2.フラッシュカード機能
3.ネイティブの音声
語彙力の訓練

長文演習の訓練

スピードを意識して、長文演習を行い内容を理解します。
レベルに応じて80~600単語の長文を読み込みます。

学習のポイント
1.wpmや理解度の確認
2.長文読解になれる
長文演習の訓練

速読の訓練

受験生全国No1の速読メソッドを実践します。
速く読む訓練と、意味のかたまりで前から読む習慣をつけます。

学習のポイント
1.脳の性質を利用した速読トレーニング
2.意味のまとまりの区切りで前から読むことに慣れる
速読の訓練

復習

復習とリスニングでより速く正確に理解し、長文に慣れます

学習のポイント
1.より速く正確に解く習慣をつける
2.ネイティブの音声を確認する*1.5倍速、2倍速
3.本文非表示の音声のみで、リスニングの強化
復習
自立学習が身につく理想の学習空間