お知らせ

  1. HOME
  2. 【大学受験情報③】私大・二次試験 追い込み得点アップ術

【大学受験情報③】私大・二次試験 追い込み得点アップ術

【センターが終わり、いよいよ私大・2次試験に向けて! 追い込み得点アップ術 】

得点が上がりそうな部分に特化した対策がとっても有効!
最後の最後で得点をあげるには、相性の悪い苦手科目や苦手分野より、得意なものをさらに伸ばす方に重点をおくといいかも。
直前期に近づくにつれ、短期間で急に伸びることが考えにくい苦手分野については最低限の対策にして、入試本番で得点を取れる可能生の高い得意分野で根こそぎ得点を稼ごう。
それがうまく行くと12月時点でD・E判定の大学も、入試当日には一気に合格圏内に飛び込めるかも!
 

【2020年 センター試験情報!】

先日、行われたセンター試験の主要3教科の講評です。
【英語(筆記)】
文法・語法などの基本的な知識とともに、英文全体から素早く内容を把握し、実践的なコミュニケーション能力とさまざまなタイプの文章の読解力を問う問題が出題された。また、計算が必要な設問に関係する図が出された。
【英語(リスニング)】
音声情報と視覚情報を組み合わせて答える問題が出題。日常の場面における実践的な英語力が問われた問題であった。
【国語】
文章量、設問数、及び解答数は減少。漢文ではイラストを選択する設問が出題された。
各大問とも文章全体の趣旨や主題を把握する力が求められた。
【数学ⅠA】
「データの分析」、「場合の数と確率」で正しい記述を選ぶ目新しい問題が出題された。
選択肢の数が多く時間がかかるところもあったが、全体的な計算量は少ない。また、解答方針を立てにくい問題や、抽象的な設定で正しい知識が身についているかを問う目新しい問題があった。
【数学ⅡB】
「指数・対数関数」では「図形と方程式」との融合問題が出題され、数学IIの全分野から幅広く出題。
「ベクトル」では四角形の形状を判断する問題が出題された。問題量、計算量も昨年並。
 

FORTUNE MESSEGE

He who has never hoped can never despair.
希望を抱かぬ者は、失望することもない。
 
George Bernard Shaw (バーナード・ショー)(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)