考えるって楽しい!
プログラミングスクール教材調査で5冠を達成 明光義塾のロボットプログラミングとは

より詳しい内容についてはこちら お気軽にご参加・お問い合わせください

icon

アーテックエジソン
アカデミーとは

アーテックエジソンアカデミーは
ロボットの組み立てと
プログラミングの両方ができる

ロボットの組み立てはとっても簡単!
プログラミング重視のロボット教材

使用するブロックはたったの10種類ほど。センサーやモーターなどもすべてブロック型で簡単につなげることができ、少ないパーツで自由自在にロボットがつくれます。子どもたちが好きな形の作品を製作できるのはもちろん、組み立てにかかる時間が短く、プログラミングにしっかりと時間を使うことができます。

ロボットの組み立てはとっても簡単!プログラミング重視のロボット教材

本格的なプログラミングに挑戦できる
子ども向けプログラミングソフト

難解なプログラム言語をキーボード入力するのではなく、プログラムの部品アイコンをマウス操作でドラッグ&ドロップして組み合わせるだけでプログラミングができます。
ソフトの見た目や使い方は簡単でも、「変数」「関数」「リスト」などプログラミングの内容は本格的。専門知識が基礎からしっかりと身につきます。

本格的なプログラミングに挑戦できる子ども向けプログラミングソフト

アーテックエジソンアカデミーで
身につく4つのチカラ

「自分でできた!」成功と失敗の
積み重ねが自信と
考える力につながる

■ 理解力

テキストでセンサーの仕組みやロボットの機構などを学習し、ロボットプログラミングに関する知識をしっかりと吸収していきます。

理解力

■ 論理的思考力

プログラムを論理的に書かないと、ロボットを思い通りに動かすことはできません。試行錯誤を繰り返しながら、論理的思考力を身につけていきます。

論理的思考力

■ 創造力

プログラミングの答えはひとつではありません。固定観念にとらわれず、一人ひとりの独自の発想で新しいロボットやプログラムを作製していきます。

創造力

■ プレゼンテーション力

成長して大人になったとき、自分の考えを表現する力はとても大事な能力となります。製作したロボットやプログラムを通じて、プレゼンテーションする力も育んでいきます。

プレゼンテーション力

icon

いま、なぜプログラミング
教育が必要なのか?

プログラミング教育が学校でも始まる!

小学校から高校まで、文系・理系を問わず、子どもたち全員がプログラミングを学習することが決まっており、AIやビッグデータなどのIT、情報処理の素養はこれからの時代の「読み書きそろばん」と考えられています。

小学校2020年度より必修化

中学校2021年度よりプログラミング学習強化
(2012年度より技術科でプログラミングは必修化)

高 校2022年度より共通必履修科目として「情報Ⅰ」新設

プログラミング教育が学校でも始まる!

IT人材育成のために、プログラミングが
大学新入試の入試科目へ!

大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」に、国語・数学・英語のような基礎的な科目として、プログラミングなどの情報科目の導入が検討されています。導入の背景には、人工知能(AI)などを使いこなせるIT人材の不足があります。経済産業省によると、IT人材は2015年時点で国内で15万人不足しており、2030年には最大79万人不足する見込みといわれています。10~20年後には現在存在している職業の半分はロボットに奪われ、人間の仕事がなくなると言われているのとは対照的です。

小学生のうちからプログラミングを
学ぶメリット

プログラミングは難しいものではなく、とても楽しいもの。「何もないところから自分の手で作り出すこと」の楽しさを実感することで、理数系科目にも苦手意識を持つことなく、中学・高校でも自信をもって授業に取り組むことができます。また、プログラムは論理的に書かないと動いてくれません。そのため、トライ&エラーを繰り返しながら取り組むことで、論理的に考える力も身につきます。

小学生のうちからプログラミングを学ぶメリット

これからプログラミング教育は、将来のために子どもたち全員が学ぶ、必須のスキルとなります!

「プログラミング」って何?

装置やパソコンに動いてもらうための命令をプログラムと言います。その命令を作っていく作業がプログラミングです。多くの方にとって、プログラミングという作業は「自分には遠い存在」というイメージではないでしょうか。しかし、普段の生活で当たり前のように使っている機器のほとんどが、プログラミングによって動いているのです。

「プログラミング」って何?

教室検索

福岡県福岡市
福岡県北九州市
福岡県その他エリア

icon

明光義塾でプログラミングを
学ぶメリット

明光義塾でプログラミングを学ぶメリット

学習塾が運営するプログラミング教室だからこそ、単なる“習い事”で終わるのではなく、学校の勉強や入試に直結した学習スキルを身につけることが可能です。
2020年度より実施される小学校の新学習指導要領では、算数などの既存の科目の中でプログラミングを学ぶことが決まっています。
すでに発表されている小学5年生の算数(正多角形)と小学6年生の理科(身の回りの電気の性質や働き)に加え、音楽や社会、家庭科の中でもプログラミングを学ぶ計画が出ています。
子どもたちを指導する教育のプロとして、プログラミングをはじめとする新しい学習内容についても、明光義塾では常に効果的、具体的に結果が出るよう心がけて指導をしています。

A:学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの

A-① 算数(第5学年)
プログラミングを通して正多角形の意味を基に正多角形をかく場面
A-② 理科(第6学年)
身の回りには電気の性質や働きを利用した道具があること等をプログラミングを通して学習する場面
A-③ 総合的な学習の時間
「情報化の進展と生活や社会の変化」を探究課題として学習する場面
A-④ 総合的な学習の時間
「まちの魅力と情報技術」を探究課題として学習する場面
A-⑤ 総合的な学習の時間
「情報技術を生かした生産や人の手によるものづくり」を探究課題として学習する場面

B:学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの

B-① 音楽(第4学年)
様々なリズム・パターンを組み合わせて音楽をつくることをプログラミングを通して学習する場面
B-② 社会 (第4学年)
都道府県の特徴を組み合わせて47都道府県を見付けるプログラムの活用を通して、その名称と位置を学習する場面
B-③ 家庭(第6学年)
自動炊飯器に組み込まれているプログラムを考える活動を通して、炊飯について学習する場面
B-④ 総合的な学習の時間
課題について探究して分かったことなどを発表 (プレゼンテーション)する学習場面

より詳しい内容についてはこちら お気軽にご参加・お問い合わせください

icon

カリキュラム

充実のカリキュラムで
毎月1体のロボットの組み立て、
プログラミングをします

POINT01やる気を引き出すレベルUP方式

さまざまな機構を組み立てることで、プログラミングだけでなくロボットの仕組みについて学び、応用力を養います。毎月少しずつレベルUPしていくので、飽きることなく楽しんで続けられます。

POINT02子どもたちの興味をかきたてる作例

信号機や車など身のまわりの生活にあるロボットや動物型ロボット、対戦型ゲームなど豊富な作例をご用意しています。
子どもたちがロボットプログラミングを楽しみながら視野と興味を広げていくことができるカリキュラム構成になっています。

3年目以降エキスパート編2年間のコース終了後 任意入会

3年目以降エキスパート編

より高度なロボット製作にチャレンジする「エキスパート編」も用意(エキスパート編の入会は任意です。開講状況は各教室にお問い合わせください)。
「STEM※1人材」を育てるのに重要なロボット工学の3要素(センシング・ソフトウェア・メカニクス)をそれぞれ深く学ぶことができ、「将来は理系に進みたい!」「工学に関わる職業に就きたい!」というお子さまの夢を育て、応援します。※2

※1「STEM」・・・Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の教育分野の総称。
※2 エキスパート編に進むためには、専用の追加パーツキットの購入が必要となります。

ロボットコンテストへの参加

明光義塾のプログラミング教室は単にロボットを動かすプログラムの勉強をするコースではなく、筋道を立てて論理的に考える力を身につけたり、問題解決には必要な手順があることを理解したりすることにあります。
受講者には、国際ロボット競技会「URC(ユニバーサル・ロボティクス・チャレンジ)」よいう大会への参加をおすすめしています。
小・中学生を対象とした、このURCは難易度のちがう2つの部門があり、ロボティクス初級者から上級者まで幅広く参加できるようになっています。子供たちがロボティクス技術への興味・関心を深め、仲間と学び合い、チームワークにより課題解決を目指す大会です。

ロボットコンテストへの参加

ロボプロ検定

さらに受講者には「ロボプロ検定」と呼ばれる検定試験も用意されています。
この検定は、アーテックロボを使ってロボットプログラミングを学ぶ生徒を対象とした、全国的な検定試験で、ロボットプログラミングの知識や技能の定着度を証明・認定し、さらなる意欲向上を目的とするものです。

●知識テスト

○×形式、番号選択形式、複数選択形式で出題されるオンラインテストで、受験するランクに応じた知識が身についていることを確認します。

●実技テスト

簡単な機械を組み立て、その動作をプログラミングすることで、受験するランクに応じた技能がしっかりと身についていることを確認します。

矢印

●合格通知●

知識テストおよび実技テストの両方に合格した生徒には、後日認定証を送付。達成感とともに、次のランクに向けた目標設定や意欲づけにも活用できます。

教室検索

福岡県福岡市
福岡県北九州市
福岡県その他エリア

icon

受講費用

学校教材メーカー
「エジソンアカデミー」採用
手軽に始めやすい値段設定

月費用 6,600
維持費 2,200円
教材費 3,300円

【自考力キッズ】低学年コース

月費用 6,600
維持費 2,200円
教材費 3,300円

受講までの流れ

POINT01お近くの教室を探す

まずは「教室検索」よりお近くの教室をお探しください。

お近くの教室を探す

POINT02体験授業に参加

「体験授業申し込み」よりお申し込みの上、ご来校ください。お申し込みは、各教室ページ内の日程をご確認の上、メールフォームでお申し込みください。

※教室により体験授業の内容が若干異なる場合がございます。

体験授業に参加

体験授業ではどんなことをするの? 子どもたちにはプログラミングソフトとロボットの取り扱いについての基本的な説明を受けて基本操作ができるようになってから体験課題に挑戦してもらいます。
また、保護者の皆さまには子どもたちが課題に挑戦している間、授業の概要や教育システムの説明を聞いていただきます。

体験授業ではどんなことをするの?
無料体験会に参加する

POINT03入会のお申し込み

授業の内容にご納得いただけましたら、入会のお手続きをさせていただきます。

※アーテックエジソンアカデミーの教育システムに十分ご納得いただいたうえで、入会手続きに進んでいただいております。

入会のお申し込み

POINT04授業スタート

いよいよ授業スタート。カリキュラムに沿って授業を展開します。

授業スタート

教室検索

福岡県福岡市
福岡県北九州市
福岡県その他エリア

icon

受講者の声

(30代 / 女性)

あきらめずに試行錯誤し、自分で原因を考えて追求する姿勢が見られるようになった。話し方が論理的になり、成長を感じている。家でも子どもが自主的にロボットを組み立てたり、動かしたりして楽しみながら勉強しており、親に作り方を説明してくれたりする。イヤイヤ続けるのではなく、子ども自身が楽しみながら通っているのがよい。 (30代 / 女性)

(30代 / 男性)

くやしいことをくやしいままで終わらせずに乗り越えようとするようになり、勉強も粘り強く試行錯誤する姿勢が出てきた。視野が広がり、ロボットのニュースやパソコン全般に興味をもつようになっている。教室に通うことで理数系の分野に苦手意識を抱かず、いろいろなことに興味をもって自分自身で新たな時代に合った職業を見つけてほしい。 (30代 / 男性)

icon

無料体験会・資料請求の
お問い合わせ

より詳しい内容についてはこちら お気軽にご参加・お問い合わせください